解決方法

行動認識とは?

より多くの可視性、より多くのデータ、より多くの洞察:他にはないシステムで、組立ラインのエンドツーエンドのビューと理解を得ることができます。

時折、現状を根本から覆すような新しい技術が登場します。今の製造業では、その技術がドリシュティの行動認識です。

[image of man standing next to engine]

一方、ドリシュティのAIは複数のフレームを処理することができ、さらに3次元の時間軸を含んでいます。つまりドリシュティは、ラインアソシエイトがホースを取り付け、スタートボルトをねじ込み、スタートボルトを固定し、ワイヤーコネクターを取り付け、フューエルチューブを取り付けたことを、順番に、そしてサイクル内の個々のステップにかかった時間を測定して伝えることができるのである。また、その順番が守られなかったり、予定より時間がかかったりした場合は、フラグを立てることができます。

Denso line lockup 2

[video of Mitch at Nissan from investor video]

ドリシュティは、このレベルのデータをライン上の1サイクルごとに無限に集めながら、連続的に動作します。

ドリシュティが登場するまで、製造業は正確で偏りのない大量の時間および動作データを十分に備えていませんでした。ドリシュティは、標準化された作業の順守、ボトルネックの特定、組み立てラインのミス防止、継続的な改善努力の監査を確実に行うことを可能にします。

現在、この技術は組立ラインで展開されていますが、将来的には大きな意味を持ちます。行動認識技術は、人が働いている場所ならどこでもプロセスの改善に利用することができるのです。

Data in a plant