解決方法

クオリティチームのためのドリシュティ

より多くの可視性、より多くのデータ、より多くの洞察:他にはないシステムで、組立ラインのエンドツーエンドのビューと理解を得ることができます。

[Video of Drishti for quality teams at the top of the page]

品質管理チームは、何日も、何週間も、あるいは何ヶ月もかけて、組み立て時の不良の根本原因を追究しています。ドリシュティを使用すれば、根本原因の分析プロセスを数分にまで短縮し、封じ込めや管理方法の改善に活用することができます。

ドリシュティのビデオバックアップデータを使用することで、品質チームはサイクルの異常をチェックし、サイクルの長短の原因がユニットの品質に影響を与える可能性があるかどうかを迅速に確認することができます。その場合、品質エンジニアは、すべてのステーションの録画ビデオを使用して、ユニットのシリアル番号ですばやく検索し、ステーションごとに生産ライフサイクル全体を監視して、いつ、どこで欠陥が発生したかを正確に判断することができます。

Technology

ロット全体を廃棄するのではなく、他のビデオを見て同じ問題があるかどうかを確認し、不良品だけを分離して廃棄または再加工することで、時間、費用、風評被害を防ぐことができます。

ビデオドキュメントは、品質管理に関する整合性の確保と、品質管理に関する共同作業を大幅に向上させます。ドリシュティのタグとビデオコラボレーションタスクは、品質管理のあいまいさと推測を取り除きます。

Drishti Support

デジタルポカヨケ(エラープルーフ)

また、ドリシュティは不良品の脱出率を下げることにも貢献しています。ドリシュティはデジタルエラープルーフィング(ポカヨケ)を提供し、サイクル期間や順序に異常がある場合、組み立てライン作業者にリアルタイムで警告を発します。

Data in a plant