解決方法

エンジニアリングチームのためのドリシュティ

より多くの可視性、より多くのデータ、より多くの洞察:他にはないシステムで、組立ラインのエンドツーエンドのビューと理解を得ることができます。

[Video of Drishti for engineering teams at the top of the page]

ドリシュティは、産業工学の面倒な部分であるタイムスタディを自動化したものです。 

つまり、エンジニアが生産データを評価し、ラインで継続的な改善を行うための時間が、1日のうち平均で37%も増えることになるのです。

Technology

エンジニアは、ボトルネックステーション、アンバランスライン、マテリアルフローの問題、ステーション構成の問題など、これまで隠れていた生産性向上の機会を発見するために、ドリシュティの分析と実行可能なインサイトを使用しています。ドリシュティは、これらの機会のビデオにタグを付け、エンジニアがパターンを理解し、影響レベルごとに改善の優先順位を決めるのに役立ちます。

ドリシュティポータル上でコラボレーションが行われるため、エンジニアリングチームはドリシュティが継続的な改善努力のための重要な資産であることを認識しています。

Drishti Support

継続的改善イベントのカイゼン支援

継続的改善のためのカイゼンを行う必要がありますか?ドリシュティは、イベントの前に何週間もかけて綿密にデータを収集するのではなく、その間に継続的に稼働し、業務データを改善チームと共有し、改善チームはその洞察をもとにプロセス改善を行います。ドリシは、各改善が実施、維持、成功するように、事前と事後のパフォーマンス分析および比較レポートを提供します。

最終的に、ドリシュティがサポートする改善活動は、より短く、よりインパクトがあり、ビジネスユニットにとってより低コストで、改善がより長く続くようになりました。

[screenshot of yamazumi chart]

Data in a plant