Hero image hella

CASE STUDIES

HELLA:世界的なティアワン自動車部品サプライヤー

ドリシュティ は、10週間で実用的なAIソリューションを実現し、HELLAチームが改善の機会を見出す手助けをしています。

クライアント概要

HELLAは、リーン生産方式を採用する、世界有数の自動車部品メーカーです。同社の世界トップクラスのチームは、歴史的に最先端のリーン手法と先進技術を駆使して生産の最適化を図ってきました。HELLA Venturesチームがドリシュティ と出会ったとき、彼らは我々のAIを搭載したビデオと分析によって、リーン生産の実践を進化させる機会を発見しました。

Hella logo large

課題:最適化のための隠れた機会を発見する

HELLAのオペレーションチームは、ドリシュティ が本当に隠れた最適化の機会を見つけることができるかどうかを確かめたいと考えていました。そこで、最も稼働率が高く、最も最適化されたラインの1つにドリシュティ を導入し、ドリシュティ が何を発見したかを確認しました。

10週間後、彼らは世界中のより多くの工場にドリシュティを展開するために必要な結果を手に入れたのです。

その解決策ドリシュティ のデータと動画でAIを活用した制作を実現

HELLA社の目的は、標準的な作業の偏差と生産性向上のための領域を特定することでした。同社の継続的改善チームは、カイゼンイベントの準備のために、ドリシュティを使用してライン上の各ワークステーションのサイクルタイムを記録しました。

彼らは、Drishtiソフトウェアの両層を実行する12本のDrishtiビデオストリームを配備しました。

各ステーションのライブ映像や録画映像を利用して、組立ラインの品質と生産性を向上させることが可能

AIでサイクルタイムを連続測定し、ラインパフォーマンスを監視して迅速に改善する

テストにかける

Marcos Aurelio Alves Junior 氏は、HELLA Mexico 社のオペレーショナルエクセレンスおよびインダストリアルエンジニアリングマネージャーを務めています。彼は、ドリシュティ プロジェクトを任され、ドリシュティ カスタマーサクセスチームが彼をサポートしました。

ドリシュティ のチームは、ドリシュティ のシステムの使い方を指導するだけでなく、改善活動や取り組みの優先順位について、専門家によるフィードバックも行いました。5週間以内に、HELLAチームはカイゼンイベントのために、ラインバランス、ワークステーションごとのサイクルタイム頻度、生産トレンドなど、ドリシュティ が生成した分析結果を手に入れました。

これは、アルベスが過去に行ったどのカイゼンイベントとも違っていた。

「通常、カイゼンイベントでは、タイム&モーションスタディを通じて100サイクルを記録しますが、ドリシュティ は500サイクルや1000サイクルを記録するので、人々が観察されていると感じることがなく、データに偏りがありません」とAlvesは言います。ドリシュティは、500サイクル、1000サイクルを記録します。

HELLAチームは、ドリシュティ のライン変動とトレンドチャートを使用してサイクルタイムの異常を表面化し、チャートから直接ビデオにクリックしました。動画が手元にあるため、ラインのバランスを取る方法が、巨大で時間のかかるパズルになることはありません。今では、より頻繁に、より優れた洞察力でラインを改善することができるようになりました。

結果:新しいリーンプロセスが功を奏する

0%

サイクルタイムの短縮

0%

生産性向上

0%

OEEの向上

アルベスたちは、高度に最適化されたラインにはまだ大きな生産性の可能性があることを証明し、継続的な改善活動を実際に実行できることを確信し、ドリシュティ の支援による改善活動を完了させたのです。

全体として、サイクルタイムが7%短縮され、生産性は5%向上しました。その結果、自動車用電子製品部品の生産能力が年間数万個増加したのです。人件費の削減は、ラインを再バランス化し、シフト間の変動に即座に対応できるようになったことによるもので、生産性が向上しました。

現在、HELLAは世界中の追加工場にドリシュティ の展開を拡大しています。HELLAの見解では、AIを活用した生産時代への推進を支える新しいAIと映像技術で、無駄のない生産の壁を突破したことになります。