ドリシュティについて

投資家の皆様へ

ドリシュティへの投資は、人への投資を意味します。

現代の製造業が抱える最大の問題は、人間がアナリティクスでは見えないということです。

ロボットやオートメーションが何十年も進歩した後でも、製造業の作業の72%は依然として人間が行っています。そのため、製造ライン上のすべての製品に付加される価値は、これまで一度も測定されたことがありません。

この100年来の問題を理解するだけでなく、AIを活用した生産でそれを解決するドリシュティを見ている先見性のある投資家に感謝しています。

最近、ドリシュティはシリーズBの資金調達ラウンドを終了しました。

現在までに、ドリシュティは9つの非常に重要な投資グループから4回のラウンドで3700万ドルを調達しています。

人間と機械が一緒に働くことで、最高の結果が実現するのです。私たちの投資家はこのことを知っています。

aic

あかいけじょうほうりょうきじゅん

深層部の人工知能/機械学習(AI/ML)技術をベースとした企業に投資する私募型ベンチャーキャピタルファンド。

adreesen horowitz

アンドレセン·ホロウィッツ

ステージにとらわれないベンチャーキャピタルで、複数のファンドで運用されています。

bvg

ベンハモウ·グローバル·ベンチャーズ

スタートアップ企業をソーシングし、次世代のB2Bテクノロジー企業に育てるベンチャーキャピタル。

emergence

エマージェンシー

世界の働き方を変える、初期および成長段階のクラウドやSaaSのビジョナリー企業に投資するベンチャーキャピタルです。

hella ventures

ヘラ·ベンチャーズ

ドリシュティの顧客でもあるHellaのコーポレートベンチャーキャピタル部門。

micron

マイクロンベンチャーズ

テクノロジー分野のアーリーステージ企業への投資ソリューションを提供。

presidio ventures

プレシディオ·ベンチャーズ

私たちの生活様式を形作る重要な産業において、起業家との提携の機会を重視するベンチャーキャピタルです。

sozo ventures

ソウゾウ·ベンチャーズ

米国を拠点とする技術系新興企業のグローバル展開を支援するクロスボーダー·ベンチャー·ファンド。

toyota ventures

トヨタベンチャーズ

世界中のアーリーステージのスタートアップに投資するアーリーステージ・ベンチャーキャピタル。

これまで、工場の現場から包括的なデータを生成する方法はありませんでした。センサーのコストが下がり、ストレージのコストが下がり、クラウドによって非常に高度な処理がいつでも誰でもできるようになった今だからこそ、この100年来の問題を解決することが可能になったのです。

アニック·ボーズ, BGV, ドリシュティの投資家